アイドル・女優・俳優・著名人のニュースやスキャンダルを配信。重大な日本の事件やちょっと息抜きもあります。

何かとお騒がせ!芸能ニュース

芸能ニュース

【衝撃】シャチがホホジロザメを襲う!狙いはサメの肝臓 「メスを使って手術するかのように、肝臓を摘出」 

投稿日:

ikimono_shachi_11870-300x225

1: ごまカンパチ ★ 2019/08/13(火) 13:24:16.57

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/071900420/
 数年前、肝臓のないホホジロザメの死骸が南アフリカの海岸に打ち上げられたと聞いて、生物学者アリサ・シュルマン・ジャニガー氏はショックを受けた。 1997年10月、サンフランシスコ沖に浮かぶファラロン諸島の周辺でホエールウォッチングをしていた人々が、2頭のシャチがホホジロザメに襲い掛かり、 肝臓を取り出して食べるのを目撃したのだ。

シャチがホホジロザメを食べる姿が記録されたのは初めてのことだった。 いったいシャチがいくら凶暴な動物といっても、海のハンターとして知られるホホジロザメをどうやって襲うのだろうか?
米モントレー湾水族館の研究者スコット・アンダーソン氏は、ナショナル ジオグラフィックのTV番組「SharkFest」の「Whale That Ate Jaws: Eyewitness Report」
というエピソードで、「あの瞬間から、シャチとホホジロザメに対する見方が変わったように思います」と述べている。

■狙いはおいしい肝臓
 南アフリカ、ケープタウンにあるケープ研究センターの海洋生物学者アリソン・コック氏はすでに、複数のエビスザメを襲い、肝臓を食べていた 2頭のシャチを研究していた。2頭のシャチはそれぞれ「ポート」「スターボード」と名付けられた。2017年、ホホジロザメの死骸が打ち上げられたとき、コック氏らはポートとスターボードを疑った。
死骸を解剖したところ、左右の胸びれの間に驚くほどきれいな裂け目があったことを除き、ほぼ無傷だった。 おそらく2頭のシャチは肝臓の位置を正確に知っていて、傷口から吸い取ったのだろう。

 1997年、ホエールウォッチングに参加していた人が撮影した映像も、ポートとスターボードが力を合わせ、ホホジロザメを仕留めた可能性を示唆している。
シュルマン・ジャニガー氏は次のように述べている。
「まるで2頭のシャチが技術を磨き上げ、科学的な手法で肝臓を摘出したように見えます。メスを使った手術に近いレベルです」

 シャチたちが肝臓を狙ったのはおそらく、高脂肪でおいしいためだろう。
アンダーソン氏はTV番組で、「人がバターやベーコンを食べるのと同じです。私たちは脂ぎった食べ物が好きなのです」と解説している。 しかも、浮力の維持に使われているホホジロザメの肝臓はかなりのボリュームがある。最大なら270キロもある塊だ。


※続きはソースで

2: 名無しさん@1周年 2019/08/13(火) 13:25:40.18
好き嫌い言わず
残さず食べろよなっ

4: 名無しさん@1周年 2019/08/13(火) 13:26:39.09
美食家なの(´・ω・`)

133: 名無しさん@1周年 2019/08/13(火) 14:12:04.00
<div data-res="4:名無しさん@1周年 2019/08/13(火) 13:26:39.09 ID:KUzfiToB0.net

美食家なの(´・ω・`)

" class="anchor" style="color:Blue;display: inline;text-decoration: underline;">>>4

カマトトぶんなよ
お前だってレバニラくらい食べるだろうがよ

15: 名無しさん@1周年 2019/08/13(火) 13:29:26.15
<div data-res="1:ごまカンパチ ★ 2019/08/13(火) 13:24:16.57 ID:2FNcbS+S9.net

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/071900420/
 数年前、肝臓のないホホジロザメの死骸が南アフリカの海岸に打ち上げられたと聞いて、米ロサンゼルス郡立自然史博物館で研究員として働く
生物学者アリサ・シュルマン・ジャニガー氏はショックを受けた。
「デジャブだ。また同じことが起きたと思いました」と同氏は振り返る。
1997年10月、サンフランシスコ沖に浮かぶファラロン諸島の周辺でホエールウォッチングをしていた人々が、2頭のシャチがホホジロザメに襲い掛かり、
肝臓を取り出して食べるのを目撃したのだ。

シャチがホホジロザメを食べる姿が記録されたのは初めてのことだった。
この出来事をきっかけに新たな研究が始まったが、シュルマン・ジャニガー氏を含めて研究者が抱いた疑問はシンプルなものだった。
いったいシャチがいくら凶暴な動物といっても、海のハンターとして知られるホホジロザメをどうやって襲うのだろうか?
米モントレー湾水族館の研究者スコット・アンダーソン氏は、ナショナル ジオグラフィックのTV番組「SharkFest」の「Whale That Ate Jaws: Eyewitness Report」
というエピソードで、「あの瞬間から、シャチとホホジロザメに対する見方が変わったように思います」と述べている。

■ゾウアザラシの数にも影響
 その後、1997年の出来事が決して偶然でないことが判明する。
2017年、南アフリカ西ケープ州で、5頭のホホジロザメが海岸に打ち上げられたのだ。
シャチがホホジロザメを殺す姿が目撃されたわけではないが、過去の事例と類似点があり、シャチが有力な容疑者として浮上した。
アンダーソン氏によれば、これらの出来事は、シャチ、ホホジロザメという2つの捕食者の相互作用が食物連鎖に大きな影響を及ぼし得ることを示唆しているという。
例えば、アンダーソン氏は最新の研究で、シャチの存在によって、ファラロン諸島の周辺からホホジロザメが追い払われ、その結果、ホホジロザメの主食である
ゾウアザラシのコロニーが恩恵を受けていると指摘している。

 1997年の一件が起きた後、ホホジロザメの個体群は通常より早くファラロン諸島を離れ、毎年恒例となっていたゾウアザラシの襲撃をあきらめたと、
アンダーソン氏は述べている。
2006年から2013年にかけて、アンダーソン氏のチームは165頭のホホジロザメに音響タグを装着し、仮説の裏付けを取った。
ホホジロザメがシャチと遭遇した年は、ホホジロザメがゾウアザラシを食べる数が減少していた。

■狙いはおいしい肝臓
 南アフリカ、ケープタウンにあるケープ研究センターの海洋生物学者アリソン・コック氏はすでに、複数のエビスザメを襲い、肝臓を食べていた
2頭のシャチを研究していた。エビスザメはフォールス湾の藻場に生息する種だ。
2頭のシャチはそれぞれ「ポート」「スターボード」と名付けられた。左舷と右舷を意味する言葉で、背びれがそれぞれ左と右に傾いていたことに由来する。
2017年、ホホジロザメの死骸が打ち上げられたとき、コック氏らはポートとスターボードを疑った。
死骸を解剖したところ、左右の胸びれの間に驚くほどきれいな裂け目があったことを除き、ほぼ無傷だった。
おそらく2頭のシャチは肝臓の位置を正確に知っていて、傷口から吸い取ったのだろう。

 エビスザメの死骸とホホジロザメの死骸の間に類似点があったことから、ポートとスターボードに違いないとコック氏らは確信した。
1997年、ホエールウォッチングに参加していた人が撮影した映像も、ポートとスターボードが力を合わせ、ホホジロザメを仕留めた可能性を示唆している。
シュルマン・ジャニガー氏は次のように述べている。
「まるで2頭のシャチが技術を磨き上げ、科学的な手法で肝臓を摘出したように見えます。メスを使った手術に近いレベルです」
シュルマン・ジャニガー氏はさらに、
「詳細な研究を行う素晴らしい機会に恵まれました。特に、死骸を調べることができたのは貴重な体験です。(1997年には)できていませんでしたから」と喜んでいる。

 シャチたちが肝臓を狙ったのはおそらく、高脂肪でおいしいためだろう。
アンダーソン氏はTV番組で、「人がバターやベーコンを食べるのと同じです。私たちは脂ぎった食べ物が好きなのです」と解説している。
しかも、浮力の維持に使われているホホジロザメの肝臓はかなりのボリュームがある。最大なら270キロもある塊だ。

※続きはソースで

" class="anchor" style="color:Blue;display: inline;text-decoration: underline;">>>1

シャチの方がホホジロサメより遥かにデカイ
体長で倍近く
体重は数倍
骨格はシャチの方が圧倒的に強固

勝てる要素0

シャチに勝てるのは成体マッコーだけだが
それもシャチに狩られないで追い返せるレベルの話

事実上シャチが海洋最強生物


続きを読む

Source: ガールズVIPまとめ

-芸能ニュース

Copyright© 何かとお騒がせ!芸能ニュース , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.